モテることを自覚せよ

30歳も中盤過ぎた頃から、

ワタシは、なんでもかんでも謙虚にやり過ごすのを、やめた。

そのひとつに、

自分はモテるということを、自覚することにした。

若い頃は、そんなことを言おうものなら周囲から「なんだあいつ」という目で見られたし、そう見られることも怖かったからそうしなかったけど。

社交辞令でモテないと言うのは自由だが、生きていく上で、自分の特徴を知るうえで、

自分はそういう部類なんだということを自覚しないで生活すると、

不用意にいろんな人を傷つけてしまったりする。

大けがにならないうちにワタシは若い頃、経験値もなかったから、

本当にこっぴどく、言い寄ってくる人を振ってきてしまったけれど、

あれはあれで、自分の身を守ってきた気がする。

噂だが、

Eくんは、4月に異動になり、それは事実上の左遷だった。

原因は、不倫だ。

Eくん妻が、E君の不倫相手に裁判所経由の書類をわざわざ、職場に送りつけてきた。

その他にも、EくんとのLINEを晒す女も、何人かちらほらいて、それも噂になっていた。

最近、ひょんなことからまたEくんと話すようになって、なんとなく原因がわかってきた気がした。

自分がモテると思っていないので、性格も手伝って、来る者すべて受け入れてしまう。

自分によくしてくれた女性を、まるまる信用してしまう。

素直なので、ちょっと駆け引きするとかそういう選択ができない。

しかも異動前は、そんな修羅場があって気持ちに余裕がないのに、

飲んで記憶が飛ぶことをワタシが咎めたもんだから、ショックが大きかったらしい。

やや病的なところは否めないとして。

ワタシは彼に「いい?自分がモテるってことを自覚して生活した方がいいよ。じゃないと、みんなあなたに近づいてくる女の子、ホレてまうやろ〜になっちゃうよ」

と、言った。

歳を取って、

昔ほどではないにしろ、やっぱりワタシは、そんな傾向がある。

不本意だけどなんとなく、モテてしまう。

でもちゃんと今は経験値が付いて、人を見る目も、ふるまい方もわかるので、

絶妙に距離を取って、人とのつきあいを大切にして生きている。

あんまり、謙虚なのはよくない。

身の丈を知ることは、大人になることだと、最近思う。