タロットは比喩、メタファーの世界なのです。

いつもありがとうございます。

大阪在住ヘナインストラクター

enclairアンクレールのおっこです。

今年1月から毎月一回

伊泉龍一先生のタロット講座マルセイユタロットの大アルカナを受講しています。

先日ふいに先生がおっしゃいました。

タロットとは比喩、メタファーの世界なのです

ほぉ〜〜〜と一瞬すご〜く納得したような気になりましたが

次の瞬間ちんぷんかんぷん

でもなるほど〜〜。とチョビッとわかったような気がする。

チョビッとね。

先生のタロット講座はとても哲学的です。

カードの解説はなかなか進まないけど

様な価値観や考え人生の局面などの相対性を

タロットカードを通して教わります。

今回は教皇のカードを通して信じるとはどういうことか信念とは

悪魔のカードを通して囚われているってどういう状態か

吊るし人は固定観念頭に囚われているのに対し

悪魔は信念心に囚われている状態。

信念とは?

なぜ根拠もないのに信じているのか

というか信じるということはそもそも無根拠

それは信じたいから

信じたいの元は何?

それは不安

で月のカードの世界観へとつながります。

左から教皇悪魔吊るし人月

ほぉ〜〜

なるほど〜〜

でもチンプンカンプン感は否めない

伊泉先生の講座は難しいと言う人もいるけど

難しいからこそ深くて面白いです

ずっとずっと通おうと思ってるのに

何と!来年からは講座をなるべく減らしていくんですって

大アルカナだけじゃなくて

生命の樹も習いたいし

西洋占星術も聞いてみたいし

なのになのに

いつまでもあると思うな学びの場ですね。

いつやるの?

今でしょっ古っ

予約状況のページはコチラ

ヘナ体験詳細はこちらをご覧下さい

ご予約お問合せはこちらからどうぞ

またはyahoocojpまでメール下さい。

をマークに変えて下さいね

ヘナ体験前のお勧め記事はコチラ